« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月27日 (月曜日)

プロよりうまい。

あぁ。久々だ。

3/25(土) 13:00 上野水上音楽堂(?) Soul to Codaという素人あつまりのバンドのLiveがあるというので、行ってみた。友人がTenorSaxでメンバー入りして初のライブでしかもソロがあるというので、友人と聴きに行った。

CA260080

ちなみに、友人がソロのときの写真がこれ。
・・・。いや、こりゃぁ素人じゃねぇだろう。ウマすぎる。ヤバイ。プロ顔負けのウマさだ。野外ということもあって、ちょっと縦線がズレるところもあったが、基本「全体のまとまり具合」はプロよりも練習量が多いのと、メンバーのセンス&技術でところどころプロよりセンスいい事してた気がする。インコグニートのコピーがメインの大人数バンドだが、全員がとにかくすごいウマい。しかも、全員かなり上流の社会人。国際線の某社員のスッチーや、なんとあのワタミの社長秘書などいたりする。

やはり、社会人で趣味で音楽をやるってのは、金持ちの道楽だよなぁって、最近思う。ライブひとつやるにしても、まずは楽器が無きゃダメだし、運搬に車も必要だ。それに練習する時間と場所(スタジオとかじゃないと生楽器は練習ができない)も必要だ。これもお金がかかる。本番を迎えたあとは、当然、大宴会だし。

僕の場合、今は昔の機材がまだまだ使えるし、車も過去に買ったものがあるから、音楽やろう!ってなってもすぐにできるし、練習もできる。しかし、ここ2年くらいの貧乏生活を今後もず~~っと続けたら…。考えただけで恐ろしい。音楽やるお金も時間も全く無い生活スタイルにしないと生活できない、なんて事にならないようにしないとなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金曜日)

本物?

doraemonneko3
ドラえもん?やりすぎ……。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月曜日)

今日こそサンプリングCDのバックアップを

しようと思ったのだが、できなかった。

DVD5枚買ってきたのに・・・。

先週、会社のHDDが飛んだことで、結構恐怖を覚え、絶対に消えたら生きていけないものだけでもバックアップを取ろうと決めた。

もはや10年間、こつこつ買えもしないのに、渋谷の道玄坂にあるYAMAHAに通い、見てるだけ~ならぬ聴いてるだけ~を繰り返し、2時間くらい粘った挙句に、やっと購入するサンプリングCDの数々。その数なんと20GB。しかも、AKAIサンプラー専用フォーマットなんて、もはやバックアップすらできない。

それに、YAMAHAのA4000のHDDもそろそろ飛んでもおかしくない。といっても、バックアップとる手段が全く無い。今はUSBでMacやPCと互換性のあった時代だが、AKAIも当時のYAMAHAも、というか、シンセサイザー全体、SCSIが主流で、PCなんかWindows98以降の機器じゃ使えない。

MacもOSXには対応しないなんてザラだ。

PSEマークで、どうのこうので、機器が一切買えなくなるという話が、昨今話題だが、もはや「昔欲しかったものを大人買いしてやる」なんて思っていたけど、思うだけで、実際お金が無く、学生のとき買ったシンセサイザーからほとんど機材は増えず、新しい技術についていけない…。

それに、僕は昔のシンセの音のほうが、絶対に使えると信じてやまない。だって、今のシンセとかって、パソコンっぽくて感性で音が作れないし、フレーズも生まれないし、なにより、DAコンバータ1種類じゃ音のぉーーっぺりするに決まってるでしょ。頭古いのかなぁ。でもプロの方々だって、昔のシンセ大いに活用しているので、きっと間違っていないと信じたい。

そういえば、かなりのシンセを友人に無償レンタルしている気がする。(というか置き場が無く、という事情もあるのだが)

いい加減、何が誰の家にあるか、ちゃんと整理しないと。”アナログ”のバックアップ(というか管理できてねー)もしないとダメだなぁ、と思うこのごろ。

サンプリングして、フィルターかけて、レゾナンス「うぉ、この位置だ!」とかやってた、当時の感性の音は、一生捨てられない宝物だ。僕が何で「お、なんかプロっぽいね、そのCD」って言われるかは、十数年かけて、こつこつ作ったり集めたりした音の結晶なわけで。

そりゃ10年以上やってれば、誰でもできるわけで。

でも、データが消えたら、全部パーなわけで。。。

バックアップ来週こそします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水曜日)

HDDが飛んだ…

いつかはやってくるだろうその日。ついに来た。

どぉーーーん!

(T_T)ハイ終了~。会社のHDDが飛びました。僕の仕事の時間を
PCは返してくれない。奪うだけ奪って、さよならかよ…。

うぉぉぉぉ。

いくら自分が頑張っても、コレばっかりはリカバリできない。
唯一リスク回避で、ファイルサーバへほぼすべて保存をすることくらいだ。
幸い、大事なファイルの大半はサーバにあったが、それでも…。

今日一日の仕事の数時間を奪われた。。パソコン無いと何もできないんだねぇ。
恐ろしい世の中。

こまめにPCのファイルの整理をしましょう。

これから、二度とローカルにファイルを置いておきません。
一日3回は、サーバへ移動します。
もう二度とこんな思いはしたくない…。前職のサーバぶっとび事件を
思い出した。

たしか、あの後リコール対象製品になったよな…富○通のPRIMERGYH2○0…。

そんなことを思い出しつつ、やりきれないもやもやを抱えて寝るしかないと
言い聞かせつつ。。

だぁぁぁぁぁぁ。何か我慢できねー。努力してもあがいてもどうもできない
根性出してもだめなものはダメってゆーのだいっきらいだ!!

……寝ます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月曜日)

花粉?風邪?

のどが痛い。くしゃみも気を抜くと、「ぶぁぁああはーーーっくしょん」という具合。
粘膜が荒れているのか、口から血が出ている。首が痛くて曲がらない、背中も痛い。
耳の奥が、張っている(?)感じで痛くて、ボーっとして気持ち悪い。

風邪…か?花粉かもしれないが。
さて、どうしよう。とりあえず、うがいして、プロポリスを喉につけて飲み
栄養剤もいくつか飲んだ。あとは寝るだけ…か?もはや、

風邪なのか、花粉なのか分からない

が、気がつくと熱出して倒れている気がする・・・。

春は、いろんな変化の節目の季節で、出会いと別れと、何より桜がきれいで、
クソ寒い季節とおさらばする最高の季節のはずなんだけど、毎年、この
花粉にすべてを台無しにされている気がする。

早く治す薬でもできないものか…。う゛~ん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水曜日)

相沢巧弥子って子知ってる?

しらないっすよね。地元の僕の1学年下の最近デビューしたボーカルの子です。
普通に館林のシダックスの歌スタオーディションに送っただけで。

相沢巧弥子

aizawa
79年度生まれの館林女子高出身の子で、親父さんが体育の先生。そしておじいちゃんが僕の親父の体育の先生。。

・・・所詮は田舎、だいたいみんな知り合い同士。

ちなみに宇宙飛行士の向井千秋さん(旧姓は内藤)は、駅前のかばんやさんの娘。
間違っておばちゃんに捕まると、娘の話を延々とされる、ヒマヒマかばん屋さんです。
この向井千秋さんの親父さんが、数学の先生。これも親父の中学のときの数学の先生だった。

しかし26歳でデビューとは、まだ僕にもチャンスが…。

”ない”というツッコミは受け付けません。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

アクセス解析実装されるらしい

> また、今回のバージョンアップに伴いアクセス解析機能を高機能化する
> とともに、ココログベーシックにも提供を計画しております。

> 新アクセス解析の導入にあたっては、全てのココログユーザーの全記事
> に対して新しいアクセス解析用タグを埋め込む作業が必要となります。
> そのためココログシステム全体のレスポンスに影響を与えぬよう、段階的な
> 導入を検討しております。

だそうで。何にするんだろう?フリーの安っぽいヤツかな。GoogleみたいにUrchinとかのっけちゃったりして。でも、一番のNeedsって「24時間軽々使える」なんだろうなぁと思うと、NIFTY自分の首絞まらないかな?

ともかく、これ壊れないことを祈ります…。がんばれ富士通。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »